2004年11月に古都・京都へ行ったときのデジカメ写真

伏見稲荷大社


狐が守る稲荷大社の門。

本殿で巫女のような人が舞ってる姿を見ました。
本殿の写真撮影は、禁止のようなので門を撮影!
しかし、門といえどもずいぶん凝った建築物です。

伏見稲荷大社を訪れたならこの「鳥居」は是非見ておきたい場所。

本殿近くの鳥居は、隙間無く立てられ、ランプで光をともすと幻想的な風景。

「千本鳥居」の入口(?)

中は暗くて見えないが、入ると非常に綺麗な風景。

鳥居の中の風景。

晴れていると綺麗な朱が見れる。

鳥居をすべてみるには、稲荷山を登っていくことになる。途中に古風な茶屋があるので、そこで休憩などしながらお山めぐりをするのも良い。


お山めぐり中に見た像。

子宝祈願の像らしい。
近くにこの像のほかに3体の像がありました。

途中の分岐点を「千本鳥居」では無い方から降りると見れる。

めずらしい「お稲荷さん」

これも像があるほうから戻ると見れる。
高い位置にあるので見つけにくい。



  

COPYRIGHT(C)Dreamer Factory. 2004 ALL RIGHTS RESERVED.